ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2018.09.09 Sunday

在庫数更新のお知らせ

9月13日在庫数更新。

 

★BH-2:全種完売御礼。SOLD OUT

 

★BH-3:全種完売御礼。SOLD OUT

 

★BH-4:全種完売御礼。SOLD OUT

 

★BH-5:全種完売御礼。SOLD OUT

 

★チョコちゃん:×4

となっております。

2018.08.17 Friday

夏季休業のお知らせ

本日8月17日の午後より、数日間休業いたします。

業務開始は21日(火)前後になるかと思います。

その間、通販等のメールの返信ができなくなりますのでご了承ください。

2018.07.30 Monday

帰還報告と通販のお知らせ

遅くなりましたがワンダーフェスティバル2018夏は無事終了いたしました。

ご来場・お買い上げの皆様には誠に御礼申し上げます。

 

「前代未聞の台風12号が首都圏直撃か」なんて言われていましたが、当日早朝は雨もやんで涼しくて道も空いてて気分良し。

太陽が非常に眩しかったです↓

会場までの道も渋滞皆無でスイスイ進んで無事到着。

毎度おなじみの設営も完了していざ開幕!

いや〜やっぱりイベントは楽しいです。

たくさんのお客さんと直に話せるってのはやはりモチベーション上がります。

おかげさまで作りたいネタをたくさん思いつきました。

今回も外国からのお客さんが多数見受けられましたが、今回は妙にガイジンさん受けも良かったような気がします。

めっちゃ片言の英語でも商売できるんすね(笑)。

このモチベーションが下がらない内に、ドールボディの改造パーツをササッっと仕上げて、いよいよガレキの新作に取り掛かろうかと思ってます。

 

さて、今回販売した1/6ドールヘッド4種ですが、これより通販を開始いたします。

BH-2↓

 

BH-3↓

 

BH-4↓

 

BH-5↓

 

各ヘッドには量産過程で生じたバラつきによって以下のようなグレードがあります。

★顔表面に一切気泡やゴミが無いA級品:1,000円

★小さな気泡(1mm以下だけど肉眼で見える)が出てるけど塗装の仕方でごまかせる(と思う)B級品:500円

★目立つ所に小さな気泡が出てるC級品(気泡補修のノウハウがあれば使える):300円

★ゴミや気泡が多数出てるD級品(サフレス塗装しないのであれば補修して使えそう。練習用にいかがでしょう):100円

 

ご希望の方は…

★住所(送付先)・氏名・電話番号

★欲しいヘッドの品名・グレード(A〜D)・個数(在庫数によってはご希望の個数をご用意できない可能性もあります)

★日時・時間指定など(これは無しでもかまいません)

…を明記したメールを下記アドレスへ送っていただければ、送料込みの総額と振込口座をお知らせいたしますのでお振込ください。

振り込み後にご一報いただければ大変助かります。

dangorow@m2.dion.ne.jp

こちらでご入金を確認次第、商品をヤマト運輸にて発送いたします。

 

ちなみに念の為書いておきますが、これら商品は未塗装のキットとなっております。

仕上げにはバリ取り、パーティングライン消し、塗装、といった工作が必要となります。

塗装済み完成品ではありませんのでお間違いのないようご注意ください。

ウィッグ、ドールアイ、ボディ、衣装などもお客様でご用意ください。

 

メインサイト「トリブレイン」も長いこと更新してないので、そろそろ内容を充実させていこうかなとも思っております。

もう遊んでばっかいられない(笑)。

2018.07.29 Sunday

WF直前に再度宣伝

いよいよ本日、幕張メッセにてワンダーフェスティバル2018夏が開催されます。

当ブース「トリブレイン」の卓番は 6-07-03 です。

メインの売り物は、新商品となる1/6ドールヘッド4種。

BH-2↓

 

BH-3↓

 

BH-4↓

 

BH-5↓

 

価格は…

★顔表面に一切気泡やゴミが無いA級品:1,000円

★小さな気泡(1mm以下だけど肉眼で見える)が出てるけど塗装の仕方でごまかせる(と思う)B級品:500円

★目立つ所に気泡が出てるC級品:300円

★ゴミや気泡が多数出てるD級品:100円

の4グレードあります(笑)。

 

他に、在庫僅少のチョコちゃん(まだある…会場限定特価10,000円)

昨年夏のWFで販売したBH-4の初期型(アウトレット価格300円)も販売いたします。

あと、RSH ver1.1とRSH-A3の塗装を少しバージョンアップ(ってほどでもないけど)したものも展示いたします。

皆様のお越しをお待ちしております。

う〜わ、一睡もしてないけどもうすぐ出なきゃ…。

2018.03.15 Thursday

突然の別れ

昨日、我が家で飼っていたブンチョウのポンジュウロー(ポンちゃん)が突然亡くなりました。享年12。

↑昨夏の水浴び直後の姿(まわりにあるのはお気に入りのおもちゃの友達)

 

その日の昼までは元気に座布団の上やぼくの手の中で遊んでいたのに、夕方に小屋を見たら巣の中で眠るように亡くなっていました。

手に取るとまだ完全には冷え切っておらず、身体も脱力しきったクタクタな様子から、ほんのついさっき亡くなったような感じでした。

文鳥の平均寿命が7年ということを考えれば相当なお爺ちゃんだったわけですが、さっきまで求愛の歌をさえずるくらい元気だったので老衰ではなく、恐らく食べ物を喉に詰まらせてしまったのではないかと思われます。

 

思えば以前飼っていたルリコシボタンインコのミカン(1995〜2007)やセキセイインコのチロ(2009〜2015)は、病死や事故死(チロちゃんも食べ物を喉に詰まらせて死去)ではあるものの、亡くなる瞬間はぼくの手の中で看取ることができたんですが、歴代ブンチョウ(通算8羽)はどれもぼくの知らないうちに旅立っているのが残念(2代目ポンちゃんのポンスケは、ぼくが東北ツーリングに行ってる最中に亡くなり、ちょうどそのあたりの時刻にぼくは彼の幻を見た、なんてこともありました)。

 

ポンジュウローは2005年に母と姉が、当時すでに認知症だった父の遊び相手になればと買ってきた桜文鳥でした。

↑まだウチに来たばっかりの頃

でもやはり父よりもぼくの方が毎日のように遊んでいたため、歴代ブンチョウ同様ポンジュウローもぼくのことを親だと思い込むくらいの懐き具合になりました。

ちょくちょく餌やりをしていた母にもあまり懐かず、ある時母が無理やりポンちゃんを掴んで「可愛いわねー」とほおずりしたら思い切り唇噛まれて「んむ!も〜毎日エサあげてたのに!ポンちゃんは〜!」なんて怒ってた、なんてこともありました(笑)。

↑1歳半くらいの勇姿。頭黒々。

成鳥になるとぼくの手を相手に求愛の歌&ダンスを披露したかと思いきや、指を敵に見立てて威嚇&攻撃したり(全然痛くない)手に乗ってサーフィンしたり、手を巣の代わりみたいにして座り込んでホカホカに暖かくなってウトウトしたり、元気に遊ぶようになりました。

食卓に焼き魚が出てくると目の色変えて飛んできて、骨や皮を長いこと味わいます↓

よほど魚が大好きなのか、よだれ垂らしたりします。食材の上に乗るなんてお行儀の悪いことも魚以外ではしません(年取ったらほとんど食べなくなりました)。

デコイの鳥等のおもちゃを与えると、最初は怖がって威嚇しているのですが、次第に慣れていって最終的には大切な友達のような存在になっていたようで、おもちゃと一緒に小屋から出すとずっとその近くにいました。

この遊びパターンや行動は多少の変化も見せながら(新しい遊び方が発生したりする)亡くなる直前まで続きました。

 

ある程度年を取っていくと、いつの間にか極度のビビリになっていて、小屋の中や定番の遊び場以外の場所に連れて行ったり、掃除機やあまり聞き慣れない大きな連続音(野菜ジュースのパックをガボガボ振る音も)に対してものすごい怖がるようになって、酷い時は「キュ〜キュ〜」と普段出さない声を出して真っ直ぐな姿勢でカチカチに細く固まって気絶するという、正直笑ってしまう(最初見た時はどうしようかと思ったけど)くらいの可愛さを発揮してました。

年老いてからは飛び回ることも少なくなり、小屋から出すとすぐぼくの手の上か服の中に潜り込んでくつろぐことが多くなり、手で軽く握って全身をモミモミしたり、口をポンちゃんの後頭部や背中にくっつけて「ププププ」と小鳥の心拍と同程度のリズムで吹いてやると暖かそうに、気持ちよさそうにウトウトする、というのが最近のトレンドでした。

あと、ぼくが部屋を出るとすぐ巣の中から飛び出してきて「ピピピッ」とか大きな鳴き声で小屋の入り口のドアに脚をかけて「遊んでー」という感じで騒ぐのも最近の定番でした(この写真は亡くなる3日前のもの。生前最後の写真)↓

でも亡くなった時はぼくが部屋から出てきても反応が無かったので、すぐ異変に気がつきました。

チュウチュウと呼びかけても反応がなく、思わず人間語で「ポンちゃん!?」と何度も声をかけてしまいました。

 

ここ10年の内に両親も鳥たちもいなくなり、それまで感じることのなかった「寂しさ」というものが少しわかった気がします。

でもこれで長期間家を空けることもできるようになったので、長旅にも出られる自由も手に入りました。

 

ポンちゃん、長い間遊んでくれてありがとう、さようなら。

Powered by
30days Album