ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 大変お待たせしております | main | ミティの完成見本ができるまで >>
2019.10.27 Sunday

祝!8年ぶりの新作「ミティ」発売!

やっとインスト類が完成したので、これより正式にミティを発売いたします!

他の写真等の詳細は桜 文鳥公式サイト「トリブレイン」にも掲載しておりますのでご参照ください。

あと、先日からツイッターもはじめました。

宣伝の他に、ブログに載せてないようなネタもアップしていこうかと思います(ここ大きい写真載せられないし)。

上記の完成見本の組み立て工程は後ほどこのブログにアップ予定。

 

前の記事にも書きましたが以下コピペ。

今回の量産品から複製屋さんが変わりました。

成形樹脂は、以前の複製屋さんのものより若干透明感があり、硬度が高い感じです。

耐溶剤性は若干弱くなっているようなので、塗装の際の修正等で強力な溶剤を使う場合はご注意ください(ガイアノーツのツールウォッシュを筆でワサワサすると少しベタついてきます)。

塗料用のうすめ液では簡単には溶けないので、いつも通りに塗装できますが、染料系(クリアーレッド等)は染まりやすく、うすめ液で拭き取っても色が残る場合があります。

唇や頬にほんのりと赤みを入れる際は、はみ出さないように、かなり薄めた塗料で少しづつ染めていく等の注意が必要ですが、逆に考えると簡単に染まるので慣れている場合は楽です。

 

そして、自前量産をしてた頃にやってた2色成形が今回から復活しました↓

これで明るい色で衣装を塗装する際に、白サフ処理を省くことができます。

ただその場合、長期間テストしてないので断言はできませんが、紫外線による黄変の可能性もあるので、サフ処理はやっといて損はないと思います(濃色は除く)。

UVカット塗料を使えばサフ無しでも大丈夫でしょう。

 

そしてこのキット、まず驚いたのは何個かのパーツには湯口が無いんです。

いったいどうやって注型したのか、全く謎です(かなり特殊なやり方をしているらしいです)。

湯口のあるパーツも、見た目に影響の少ない箇所に設定されており、全体のパーティングラインの段差も非常にわずかで、処理がかなり楽です。

 

気になる価格ですが、複製屋さんが変わった事によって単価が若干高くなってしまったので、今までより少し値上げさせていただきまして、15,000円+送料(ヤマト運輸)といたします。

同時に塗装済み完成品も受注製作いたします。

完成品は12万円+送料(ヤマト運輸)となりまして、納期は早くて約1ヶ月、長くて数ヶ月とお考えください。

購入・受注方法はメールにて、

★住所

★氏名

★電話番号

★商品名(キットか完成品かを明記してください)

★数量

※完成品の場合は衣装の色(過去の作例と同じでもいいし、オリジナルでご注文していただいてもかまいませんが、あまり特殊な塗装はできない場合があります)

を明記して送っていただければ、後ほど送料込みの価格と振込先を返信いたします。

 

皆様のご注文お待ちしております。

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album