ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 海賊版にご用心 | main | 新作1/6ガレージキット >>
2019.01.10 Thursday

寒中見舞い

2019年。

昭和のSF漫画や映画を見てた世代としては、なんかすごい未来な感じがしますが、いつの間にやら21世紀越えて20年近く経つんすね〜。

しかも平成も終わるとか。時の流れとはなんぞや。

 

というわけで年が明ける前に恒例の年賀状を書かないといかんなぁと思いつつ、やはりなんだかんだで書けず、寒中見舞いとなってしまいました(実際に年末に叔父が亡くなったこともあり)。

ちなみに昨年の年賀状も父の喪中だったために、喪中の知らせ以外書かないつもりでしたが、親戚・親関連以外には喪中ハガキ出してなかったので、自分の関係者向けには寒中見舞いを描きました↓

これブログに載せるの忘れてたので今掲載。

年賀状じゃないから干支じゃなくてもいいかと、バイクの絵にしてしまいました。

実際にはハガキサイズにトリミングされてバイクの前後が消えてしまいましたが、オリジナルはここまで描いてあります。

ホンダロゴの下の英文は1970年代のアメリカホンダの広告にあったものをそのまま引用。

少女の衣装は1970年代(前半)のバイク乗りっぽい感じを意識しましたが資料が少ないので、アメリカホンダのビンテージ広告や当時の雑誌記事の写真などから情報をかき集めて思案。

単なるファッションの情報ならネットでもすぐ見つかりますが、やはり「バイク乗りの」ファッションなんてニッチな情報は少ないようです。

実際に当時をリアルタイムで経験している方ならこういうの体感でわかるんだろうな〜とちょっとうらやましくなります。

ぼくの場合は70年代は物心ついてない&子ども時代だったので、バイクに関しては80年代以降がリアルタイムになっちゃうのが残念。80年代以降なら事細かに思い出せるんですがね〜。

 

そして今年の寒中見舞いはこうなりました↓

今までの昭和30〜40年代前後なノリから、一気に遡って大正〜昭和初期な感じになりました。

やはり寒中見舞いとはいえ、干支は入れといた方がいいだろうということで亥にちなみ…と言いつつMy年賀状恒例のレトロ広告風にしたので「ヰ」以外関係ないです。

ちなみに「ヰ」は旧字体の「ゐ(い)」のカタカナ版です。

イノシシってウィキによると語源は「猪のシシ」で、シシというのは古代大和言葉で肉の意味だったそうで、あの動物は昔は「ヰ」一文字が正式なネーミングだったとか。

そう考えると現在「イノシシ」と呼んでいるのは「猪の肉」と言ってるということか…もはや食材としてしか見られていない感じでちょっと滑稽です。

 

話は寒中見舞いに戻りまして、この絵の元ネタはコレ↓

昭和初期とか大正時代の広告だと思われます(ネットで拾い)。

絵全体はかなりラフでサラッと描いた感がありますが、絵心のある人が描いたんだろうなぁと思わせる魅力があります。

特にやたら切れ長の目がツボです。これはかなりデフォルメされてますが、実際にこんな印象の目ってありますね。

ぼくは女性のこういうタイプの目がけっこう好みなので、寒中見舞いの絵も同じような感じに…と思ったら結局、顔つきもポージングも衣装もほとんどそのままでアレンジさせていただきました。

髪型は当時(大正時代)に流行ったモガのノリなんでしょうか。

当時の眉毛も調べるとけっこう長くてハッキリした弓なり形状が多いので、絵もそういう感じに。

足先は描かれていないのでどうしようかと思ったんですが、ぼくの絵は基本的に身体が途切れることがないように描いてるので、今回も足先まで描きました。ただ、裸足なのか、なにか履いてるのか、ちょっと考えちゃいました。

歯磨きしてることや着ている服装(ネグリジェ?)からして家の中で就寝前な雰囲気を感じまして、そうなると裸足なのかなぁと思いましたが、足の指描くのが面倒なのでスリッパ履かせました。

寝間着がネグリジェなハイカラなご家庭なら当然スリッパでしょうし、調べたら大正時代でもスリッパは存在しているみたいだったのでまぁいいかと。

背後の電灯はレイアウト的に必要ないと思ったのでカットしましたが、洗面台と蛇口はレトロなものを参考に描きました。

細かい話ですが歯ブラシの毛が茶色いのは、昔の歯ブラシが馬の毛かなにかを使っていたと記憶していたので茶色くしました(昔家に未使用品があった。あれどこいったんだろ)。

全体の色味も、元ネタのガリ版印刷のような色合いを意識して紫のような紺色のような色を基準にして、背景の紙は焼けて茶色く変色したような雰囲気にしました。

文章もあまりにいい感じだったので、ほぼ丸パクリさせていただきました。

こういう文章って、やはりリアルタイムでその当時を過ごした人じゃないとなかなか書けないんじゃないかと思います。

漢字の横のルビも再現しました(メインタイトルの歯磨にルビ振るの忘れてた…)。

下のアドレスとQRコードはトリブレインの本サイトと、このトリブレインブログの2つのもので、なぜ2つ書いたのかというと、本サイトの方が古いパソコンやブラウザだと見られないので、ブログの方も載せておいたわけです(wixさんこの辺なんとかしてちょ)。

 

というわけで年賀状改め、寒中見舞いの話でした。

久々に絵を描いてて楽しかったです。

コメント
文鳥さま
今年も宜しくお願いいたします。
昨年の年末になんと!
あかねちゃんとアヒルちゃん。
惣流・アスカ・ラングレー。
のキットが手に入って感激してます 笑
今年こそは新作のガレキお願いしますね。。
  • あっち
  • 2019.01.10 Thursday 21:50
>>あっち様
うお!あかねちゃんはレアっすね!
ぼくの手元にもあかねちゃんは原型以外存在してないんすよ。
アスカは手元に完成見本がありますが、こちらは原型がとあるメーカーに預けっぱなしになっちゃってるんで(もう10年くらい経つかなぁ)新規に複製はできない状態です。
なのでアスカもレアっすね(笑)。
新作もホントいいかげん作らないと生活がヤバくなりそうなのでがんばります。
今年もよろしくです!
  • 文鳥
  • 2019.01.11 Friday 11:12
寒中見舞ありがとうございました!お礼遅れてすいません。。
今日のワンフェス(WF2019冬)にはご出展されているのでしょうか?
本年も益々のご活躍期待しております!
>>SOS 中川様
お久しぶりですー。
今日のWFは出てないです。
冬はいつも大雪の可能性が高い時期の開催ということと、ゆとりを持って作品制作したいということもあって、数年前から夏だけに絞ってます。
とかいって結局遊んでる時間が伸びただけのような気も無きにしもあらず…(笑)。
  • 文鳥
  • 2019.02.10 Sunday 15:27
コメントする








 
Powered by
30days Album