ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 文鳥ヘッドの仲間が増えました | main | WF直前に再度宣伝 >>
2018.07.17 Tuesday

塗装見本と卓番のお知らせ

前回の記事で予告した新文鳥ヘッド4種の塗装見本が完成しました!

 

各ヘッドのご紹介の前にドールアイについての話。

今回のヘッド4種は全て8mmアイに合わせて裏のくぼみを作っていますが、初代文鳥ヘッド(オビツ製作所21-03ヘッド)のユーザーさんがメイクしたものの中には6mmアイでうまい具合に魅力的な顔に仕上げている方もいらっしゃる(ネット検索でみつけた)ようで「へぇー!6mmも使えるんだ〜」と原型作った本人が驚いた事がありました。

新ヘッド群も最初8mmアイの各色をあれこれ付けてみたんですが、どうしても瞳の大きさが大きすぎる感じ(これは初代文鳥ヘッドを作った時にも思ってた)だったので、今回初めて6mmアイも試してみました。

すると、BH-3以外は6mmの方が似合うような気がしました。

 

百聞は一見にしかずということで、まずはBH-2からご紹介↓

ウィッグつける前です。

アイはオビツEY06-G12(グラスチックアイ6mmのレッド)です。

8mmだと目全体がほとんど瞳で埋まって白目がほとんど見えませんでした。

6mm専用で作りゃよかったかな…と一瞬思いましたが、6mmアイなんてかなりニッチな商品なので、8mmも無加工で付けられる方がいいかと結論。

ウィッグを付けた状態↓

ウィッグはパラボックスPW21-02-DB(前髪有りロングストレートのダークブラウン)をカットしたんですが、1/6ウィッグのカールをどうすりゃいいのかわからず、オカルト系の挿絵に出てくる日本人形みたいな感じになってしまいました(1/6サイズのヘアアイロンって無いのかな)。

サイズも3.5インチということで最小のはずなんですが、かなりデカイです。

ギュッと圧縮させるいい方法ないもんかな〜。バラして貼り付けるか。

ちなみにボディはセキグチのmomoko dollの色白タイプで、等身はこんな感じになります↓

服装はmomokoのものに、個人の方が販売してたものを組み合わせ。

かなり小顔なので21cmクラスのボディでも合うかも(まだ試してない)。

 

次に量産直前に大幅に改変したBH-3↓

↑これも最初BH-2と同じく6mmにしてみたんですが…

正面から光が当たってないと人相悪くなっちゃう(笑)ので8mmに変更↓

しかし、8mmだと今度は瞳が大きすぎる気がしたので色でごまかしました。

やっぱ自作アイ作った方がいいのかなぁ…。

ちなみにBH-2では目の取り付け部分のバリを取っただけで違和感がなかったのですが、このBH-3は下まぶたがちょっと厚いように見えたので、裏側から6mmボールカッターで微妙に削ってアイの取り付け位置を微調整しています。

ウィッグはたしかオビツ27WG-S02-05(1/6ウィッグSセミロングのアッシュゴールド)だったと思います。

オビツのSサイズウィッグは他社の3.5インチと比較して、少し小ぶりのようなのでちょうどいい感じです。

ボディはアゾンインターナショナルのピュアニーモフレクション フル可動 XS 女の子 白肌というやつで、等身はこんな感じ↓

かなり子どもっぽいです。

このボディは基本的にアニメ系寄りな造形ですが、デフォルメが絶妙に上手いと思います。

服装は全部アゾンのものです。

 

次は、昨年の夏に手流し量産版を少量販売したBH-4↓

このヘッドは8mmでも悪くはないのですが、今回6mmアイを入れてみたらこれもかなり良い感じでした。

ただ、これもBH-3と同じく下まぶたの裏側を6mmボールカッターで若干削って、アイ取り付け位置を微調整しています。

ウィッグはオビツ27WG-S01-02(1/6ウィッグSショートのダークブラウン)です。

このウィッグが一番ジャストサイズ感あります。帽体も深いのでズレにくい。

ボディはオビツ24BD-F101-S(24cmオビツボディ バストサイズS)です↓

等身的には一番バランスがいい感じになります。関節も各メーカー中ダントツで高品質。

服装はアゾンとmomokoの混成だったかな?

ちなみに8mmアイにピュアニーモXSボディの組み合わせはこんな感じ(昨夏の手流し版ヘッド)↓

このウィッグはグリブ[3-4"]Round Cutのキャラメルブラウン。

毛がかなり細くてしなやかなんですが、縮れもちょいちょいあります。

大きさはやはり若干大きめですが、後ろに寄せてごまかせる範囲でしょうか。

 

最後にBH-5↓

このヘッドも8mmアイは若干瞳が大きく感じるので6mmにしました。

BH-3、BH-4と同じく、まぶた裏の切削でアイ取り付け位置の微調整もしています。

ウィッグは上記にあるグリブのものです。

ボディはBH-4と同じオビツ24です↓

シャツが大きすぎ&汚いのは見なかったことに…(どこのメーカーか失念)。

逆にスカートはアゾンのピュアニーモXS用なので小さすぎですが、胴体が軟質素材なのでなんとか着れました。

靴はオビツ24SH-F001(OBITSU24用 ストラップシューズ)の黒。

 

というわけで新文鳥ヘッド4種、堂々完成〜。今、君の手に!←昔の特撮ヒーロー系超合金のCMのセリフ。

ソフビよりも加工しやすいレジン製ですので、改造や塗装も楽々です。

ぜひ皆様のセンスで可愛くしてやってください。

発売は7月29日のワンダーフェスティバルからとなります(通販は同日、ぼくが帰宅してからになります)。

価格は…

★顔表面に一切気泡やゴミが無いA級品:1,000円

★小さな気泡(1mm以下だけど肉眼で見える)が出てるけど塗装の仕方でごまかせる(と思う)B級品:500円

★目立つ所に気泡が出てるC級品:300円

★ゴミや気泡が多数出てるD級品:100円

の4グレードあります(笑)。

数はそれほど多くないので完売の際はご了承ください。

 

忘れるとこだった、ワンフェスの卓番が決定しました。

ディーラー名:トリブレイン 卓番:6-07-03

です。

ワンダーフェスティバル2018夏、開催日は7月29日(日)、会場は幕張メッセでございます。

出し物は上記ドールヘッド4種、あとは過去作の展示とか、製作中の原型展示もできればいいなぁと思っております。

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album