ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 初個展 | main | 突然の別れ >>
2017.12.21 Thursday

楽しかった日々

前回の個展の告知から早2ヶ月経ってしまいました…別に入院していたわけでもなく、逮捕されていたわけでもなく、大阪から帰った後、疲れを癒やそうとのんびり引きこもってただけなんですが、ホント時の流れの早さは恐ろしい。

というわけで個展の日々を今更ながらご報告いたします。

 

前日に荷物満載にした車で、個展前日の10月26日の朝06:12に出発。

もちろんポンジューロー(飼ってる文鳥。通称ポンちゃん)のエサと水も忘れずに補充済み。

父の介護が終わって自由になったとはいえ、まだポンちゃんがいるので長期間家を空けることはできません。

今回の個展が過去最長に家を空けることになるので少し心配ですが、日々の生活でのエサ補充間隔から予想すれば大丈夫と思われます。ただ、毎日朝ごはんの時に出して、スープのクルトン(大好物)をあげて、食後にぼくの手や服の中で遊ぶのが日課になっているので、数日間連続小屋の中ってことを考えると辛いだろうな〜と思ってしまいます。

とかなんとか言ってるうちに前回も通った高速道路沿いの高低差の激しい側道に来ました。この時点で時刻は09:24。↓

そう、今回もできるだけ一般道を織り交ぜながらの行程となります。

…と言いながら秦野のあたりで高速に乗りました↓

ぱっと見反対車線を逆走しているように見えますが、もちろんそんなことはなく2ルートに別れる道の右側に入っただけ。

 

たしか愛知県の岡崎SAにて↓

この日だったかそれ以前だったか、豪快に泥跳ねした跡を付けっぱなしでした。

このままスタジオに入るのはマズいだろうということで、高速を降りた後、滋賀県で給油ついでに洗車↓

ウチの近所だとオプションのホイール洗浄も込みで600円ですが、このスタンドにはそういうのが無くて「丸洗い超撥水」というモードでしか脚回りは洗えなくて、1,000円かかりました。でも撥水のおかげで水滴がポロポロ弾かれるようになりました。

 

何川だったか忘れましたが、ここ数日の雨の影響で増水して濁った川↓

なかなかのゾクゾク感があります。

特に「普段は水に浸かってないんだろうな〜」と思われる水際がたまらん。

 

たしか大阪府に入ってたと思いますが、日差しがいい感じの近代的な道↓

そこからそう遠くないかと思いきや、渋滞も多くて結局日が暮れてしまいました↓

またやってきました大阪。

そして新大阪スタジオ(SOS)に到着〜↓

やっぱいいすね〜このアジト感。

カウンター横には今回販売するTシャツがありました↓

業者さんに発注したのかと思ったらSOSの中川氏自らシルクスクリーンでプリントしたそうで。ようやりましたな。

打ち合わせの時やメールでやり取りした際に、彼らのデザインセンスが超オシャレだと思ったので、デザインも色選択も全て彼らにおまかせしましたが、やっぱりセンスいいっすね。

ピンクの方のイラストはぼくが描いたフィギュア案のイラスト「リボンちゃん」なんですが、中川氏がいたくお気に召したようで、いくつもあるイラストの中から即決だったそうです。

濃紺の方はチラシにも使われたRSH ver.1.1の写真。ちなみにこの撮影時、なんとなく髪を濡らし気味にして撮ったんですが、それがなかなかいい演出効果を醸し出していたと思います。

後はこんな感じ↓

トリブレインのマークとSOSのマークがプリントされており、コラボってることを表しています。これも洒落てるな〜。

 

そして、今回ぼくが持ってきたカメラは簡易スナップ用のGM-1ともう一つ、α7IIなんですが、装着したレンズはこれ↓

発売されたばっかのフォクトレンダー NOKTON 40mm F1.2 Aspherical E-mount(以後ノクトン40と表記)です。

これは性能云々というより、この形に惚れて絶対買おうと思ってたのですが、やっぱカッコええ〜!

というわけで今回がノクトン40の初撮り↓

α7II+NOKTON 40mm F1.2 Aspherical E-mount 絞り優先 f1.2 ISO100(大きな写真はコチラ→1枚目 2枚目

2枚とも解放のf1.2ですが、この写真では滲みや色収差は少ないですね。もっと鋭い光があるとどうなるのでしょうか。

ちなみに2枚目のRSH-A2の目線を急遽いじったらすごくいい感じになりました。サイトの写真もう一回撮り直さなくては。

 

この時はまだSOSのボスである山本氏が本業から戻ってこれなかったので中川氏と夕食を兼ねて一杯↓

これまたいい感じのお店で、なんか妙にトークも盛り上がって数年ぶりに気分良く酔いました(酒飲んだのがもう数年ぶり)。

 

スタジオに戻ると山本氏も戻ってきてたので、簡単に展示物を配置して照明やらなんやらのセッティングをしました↓

α7II+NOKTON 40mm F1.2 Aspherical E-mount 絞り優先 f1.2 ISO100(大きな写真はコチラ

ヤラセではないんですが、いかにも照明を調整してますって感じになりました。

もう一つの部屋は1/6シリーズの展示↓

α7II+NOKTON 40mm F1.2 Aspherical E-mount 絞り優先 f1.2 ISO100(大きな写真はコチラ

一応ほぼ年代順に並べました。

日中は背後の上部から屋外光が入ってまた違った雰囲気になります。

 

そしてひとしきりダベった後、山本氏が取ってくれたホテルで一寝入り。

明けていよいよ個展開催当日↓

α7II+NOKTON 40mm F1.2 Aspherical E-mount 絞り優先 f1.4 ISO100(大きな写真はコチラ

このノクトン40はEマウント専用なのでExifも全て記録されます。こんなの絞り1.2か1.4かなんて覚えてないもんね〜便利〜。

 

この日は心配していた天気も良く、開店早々お客さんがチラホラと来てくれました。

そんな中、ビキニンジャでお世話になったSUDACCIの中の人たちが来てくれた上にお花と↓

オリジナルビキニンジャの作者であるわんぱくさん描き下ろしのイラストパネルまでいただきました〜↓

わざわざスイマセ〜ン(お花と一緒に飾ってましたが、その写真撮り忘れたのを帰ってから気づいて家で撮りました…)。

3人とも、ちゃんとキットと同じポーズになってるし〜ゴイス。

ビキニンジャの企画に関して、キットの再販要望がたくさんあるんですよ〜とかいろいろお話したんですが、もしかしたら近々何らかの動きがあるかもしれません…乞うご期待。うゑのさん、よろしくお願いします〜。

 

日中のお客さんの入りはそれほど大盛況ってわけではなかったので、時々暇を持て余して写真撮ったりしてました↓

α7II+NOKTON 40mm F1.2 Aspherical E-mount 絞り優先 f2.8(1枚目)f2.2(2枚目) ISO100(大きな写真はコチラ→1枚目 2枚目

でもチャッチャッと撮ったためか、イマイチな写真量産で大部分は割愛。

あとf1.2だと薄い被写界深度なので、じっくりピント合わせしないと狙ったとこから微妙に外れてたりしたのがイマイチな写真を量産した最大要因かと。

ていうか、暇なんだからもっとしっかり写真撮っときゃよかったなぁ…なんか連日SOSの人たちとの打ち上げ…というかダベりで、かなりの体力使ってたようで、日中はけっこうダレてたような気もなきにしもあらず(笑)。

夜はお客さんの他にもSOSの皆さんのお知り合いやらも交えてワイワイやりまして、非常〜に楽しかったです。

なんか今回の個展のおかげで、なかなかの濃ゆい方々とお知り合いになれたような気がします(笑)↓

たくさんの差し入れも頂いちゃったりして、後々よく考えたらちゃんとお礼言ってなかったような…この場を借りて御礼申し上げます。

ちなみにカウンターには駄菓子が用意されまして、いくらだったか遠足のおやつ代程度の募金をしていただければ自由に食べられるというシステムでした。

そんなこんなで3日間はあっという間に過ぎ去り、なんか賑やかなお祭りをしていた夢でも見ていたような、そんな楽しい日々でした。

最後の夜はSOSの2人と夜遅くまでダベった後、スタジオ内に雑魚寝して翌朝帰路につきました↓

さらば大阪よ。また何か催し事があったら来ま〜す。

 

さて、帰り道はどうしよう…というかもう一般道でのんびり帰る気満々。

とりあえず関西の都市部を抜けるべく、前回とほぼ同じルートで奈良へ↓

カメラ目線頂きました。

 

適当にマイナーな道を走っていると「加太越え鉄道遺産群」という看板のある踏切を発見↓

α7II+NOKTON 40mm F1.2 Aspherical E-mount 絞り優先 f1.2 ISO100(大きな写真はコチラ→1枚目 2枚目

なんでも明治時代に作られた路線で、トンネルも当時物で現役らしいです。

この辺は妙にひと気や交通量が少なく、天気も気温も快適だったので周辺も歩きまわって撮影↓

α7II+NOKTON 40mm F1.2 Aspherical E-mount 絞り優先 f1.2 ISO100(大きな写真はコチラ

懐かしい絵柄の「電話線埋まってます」看板。でもマークがNTTなところからして最近でもこの絵使ってるんでしょうか。

しかしこのレンズ、解放でも使えるわぁ〜。

 

蓋開けたら貞子さんが出てきそうな井戸のある風景↓

α7II+NOKTON 40mm F1.2 Aspherical E-mount 絞り優先 f1.2 ISO100(大きな写真はコチラ

日差しがもう少しいい感じに差してればよかったのにな〜。

 

さすがにあまりのんびりしてたらポンちゃんが餓死してしまうので先に進みます↓

α7II+NOKTON 40mm F1.2 Aspherical E-mount 絞り優先 f1.2 ISO100(大きな写真はコチラ

さすがにボディの反射部分で色収差が出てますが、それほど派手ではないので許容範囲。

ノクトン58と同じようにすごく使えそうです。

 

ここはどこだったかな〜、なかなかいい感じにのどかな風景でした↓

三重県あたりかなぁ?

 

ここもどこだかわかりませんが、古い町並みがちょっとした観光地のようになってました↓

ホントはゆっくり降りて散策でもすればよかったのかもしれませんが、ポンちゃんのことが気になってスルーしてしまいました。

 

ここも同じく場所不明↓

ここら辺ではなぜか4月に亡くなった父が「お…お疲れ様」と最後の言葉を言ったシーンが繰り返し頭の中に蘇ってきて、しばらくの間、涙をポロポロこぼしながら運転してました(対向車から見たら不気味だったろうな〜)。

このセリフを聞いた時も、亡くなった直後からしばらく経っても別に涙は出なかったのですが、なぜかこの時は泣けたなぁ。あ、この時だけじゃないや、SOSのみんなと夜メシ食ってる時にも親のこと話してて思わず泣いてました(恥)。

でもホント良い両親でした。

 

ここはたしか三重県立美術館からの帰り(過去の記事「ゼロ泊900km」参照)にも通った川沿いの道だと思います↓

α7II+NOKTON 40mm F1.2 Aspherical E-mount 絞り優先 f1.2 ISO100(大きな写真はコチラ

結局解放ばっかりになってしまいましたが、まぁいい写真撮れたからいいや。

 

前回の打ち合わせの帰り道のように全行程一般道で行こうかと思ってましたが、疲れがかなりのレベルだったことや、荷物を全部4階まで持って上がることを考えたら一刻も早く帰った方がいいなとなりまして、日が暮れてから高速に乗って、SAでラーメンやプリンなんかも食べつつ、ド深夜に無事帰宅しました。

しかしやはり最後のおお仕事である荷降ろしが地獄でした…。

α7IIがアスファルトに落ちてノクトン40のフードが一気に年季の入った感じにもなりました(笑)。

 

改めまして、この度個展の開催をしていただいた新大阪スタジオの皆様や、ご来場いただいたすべての方々にありがとう。

めっちゃ楽しかったです。

コメント
(自己満モータースひコメントがなぜかできないので、ここにコメントしました。すみません)
XL350はまさかの結末でしたね。残念です。
そんな匂いもしなかったでもないのですが、ちょっとひどすぎますね。
気持の入れ替えにも時間がかかったと思います。
それでもXL250はかっこいいじゃないですか!
フレームはSL250と共通ですか?私はTL250にあこがれてK3にしましたが、XLはSLフレームのほうがかっこいいと思います。
なんといっても左だしのアップマフラーがいいじゃないですか。
始動性はどんな感じですか?私のXLは整備も不十分でしたので、ずいぶんと苦労しました。
そのK3もヤフオクに出してしまいましたが、いまはTL250を公道デビューにむけてこつこつとやっています。
同じエンジンなので今後の情報が楽しみです。
面白いカスタムなんかがあればまた教えてください。
とにかくXL250の入手おめでとうございます!
  • goto
  • 2017.12.29 Friday 09:48
お久しぶりですー。
自己満モータースの方のコメント欄、今調べましたがこちらでは投稿できるようです。
特に禁止ワードとか禁止IPとかもないので原因はちょっと謎ですね。
入力時のパス「12345」が間違ってた可能性はないですか?
一応こっちのコメントを向こうにコピペしときましたので、返信はあっちで書きますね。
  • 文鳥
  • 2017.12.29 Friday 10:25
やっぱりコメントできませんねえ。以下のようなメッセージが出ます。
「コメントの連続投稿がおこなわれた可能性があります。しばらく時間をおいてから再度コメント投稿をお試し下さい。
ブログによっては、海外IPからのコメントを許可していない可能性があります。日本国外からご利用の場合には、このために失敗した可能性があります。ブログ管理者であれば、マイブログから設定の変更が可能です。
アクセスが集中しているなどの理由により、システム保護のため一時的に遮断された可能性があります。しばらく時間をおいてから再度コメント投稿をお試し下さい。」
  • goto
  • 2017.12.29 Friday 11:50
SLフレームのXLもいいですね。
TL250の公道使用が無理だったらSLに路線変更していたと思います。
K3とTL250のフレームは同じといえば同じなのですが、わずかにサイズ変更されています。
私のブログでK3とTLのフレーム比較をしてますので覗いてみてください。
競技用フレームと公道仕様のフレームの違いが見えてちょっとおもしろいです。
お近くに来た時はでひご連絡ください!
K2と同じエンジンをつんでいますが、味付けがまったく違うので乗り比べなんかしてみましょう。
その時までには完成させておきますので(笑)
  • goto
  • 2017.12.29 Friday 11:50
たしかに、海外IPと半角英数字のみのコメントが受け付けないようになってましたので、先程許可にしておきました。あと、連投はたぶんぼくの書き込みだと思いますんで、もう大丈夫ではないかと思います。

gotoさんのブログ、覗かせていただきました。
試行錯誤くりかえしてますね。ものすごく親近感を感じちゃいます(笑)。
TLとK3のフレーム、たしかにかなり似てるけど基本的な各部サイズも微妙に違うみたいですが、かなりTLそっくりになってますね。
暖かくなったら遠出しまくるつもりなので、そちらにお伺いすることになったらまた連絡いたしますんでよろしくです。
  • 文鳥
  • 2017.12.29 Friday 13:17
コメントする








 
Powered by
30days Album