ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 再発見!ニッポンの立体 | main | ゼロ泊900km >>
2017.01.06 Friday

お絵描き

いつの間にやら2017年になってしまいました。

皆様あけましておめでとうございます。

 

まず近況から。

昨年の9月頃から父が脳梗塞や胆管結石を発症して入院したことまでは過去の記事で書きましたが、その後胆管結石も治り、いざ退院かと思いきや、約2ヶ月の入院によって87歳の高齢である父の身体はもう歩くことも飲食することもできない状態になってしまい(寝たきりで飲食も厳禁だったため、身体の筋力が衰えて嚥下機能も低下した)お医者さんからはリハビリもできないとの判断で、退院・帰宅は困難となりまして、終末期医療が可能な病院へ転院となりました(医療行為が必須なので通常の特養等の施設には入れなかった)。

転院する頃には父の認知機能もかなり低下して、喋ることも少なくなってしまいました。

父の入院当初はまだ意識もハッキリしてたので、またすぐ治って退院できるだろうとぼくは思ってましたが、まさかこんなに急激に衰えるとは思ってもみませんでした。

入院する直前までは自分で歩いてたってのに。

勾配の緩い下り坂を歩くようにゆっくり衰えるというのは、もしかしたらけっこうレアなパターンなんでしょうか。

現在の父は、ぼくのことを認識することもほとんどできず、点滴のみで生きながらえているという、本人にとってはかなり辛い状態となっております(眠り続けているだけならまだ救われる気がしますが、父はちゃんと意識がある)。

ただ認知機能がかなり低下しているので、そういった辛さをどの程度感じているのかわかりませんが、見舞いに行くとケロッとしているというか、まるで赤ん坊のような無垢な表情でぼくの顔をジィ〜ッと見るだけで、声を荒げたり暴れたりすることもなく、とても静かにしています。

 

というわけで、約7年(母の看病期間も入れると約8年)続いた介護生活から、ぼくはいきなり解放されたわけであります。

もう父の注射や投薬、食事のために定時に家事をする必要も、オムツ替えのタイミングを誤って布団をずぶ濡れにしたりすることも、2ヶ月に1回、早朝から夕方近くまで病院で待たされることも無くなったのであります。

深夜に徘徊を心配する必要も無く、長いこと家を空けることもできる。

父の現在の様子を考えるとちょっと可哀想に思いますが、正直肩の荷が下りたという思いでいっぱいです。

これからぼくはぼく自身の人生を100%生きていけるわけで、仕事も遊びもいっぱいこなしていこうと思います。

 

…と、年始早々ヘヴィな話を書いてしまい申し訳ありませんが、まぁ何かの参考になれば幸いです。

さて年始といえば年賀状です。

昨年は前述のように父のこと以外にも、やること&やらなきゃいけないこと満載で、12月25日までに年賀状を書くことはできず、昨日の深夜(つまり今日)にやっと自分用の年賀状を完成させました↓

もちろん今回も「昭和広告風」のパターンです。もう「年賀状には見えない」とかいう懸念は忘却の彼方。

今年は時間がなかったのでじっくり考えることもほどほどに、すぐできそうなネタを考えた結果、自動車の広告になりました。

干支もやっぱりネーミングだけで表現。スズメ自動車工業(株)の「スパロー(スズメの英訳)」です。もちろん全て架空のもの。

今回、車と少女を別々に描いた後、パソコンに取り込んで合成したら大きさが合わなかったので拡縮で調整したところ、車と少女で線の太さが全然違うという事態になりまして、これはちょっと失敗だったと後悔(書き直す時間も気力も無かった)。

なので、後ほどこのブログには見栄え優先で、車だけの絵と少女だけの絵を2枚アップしときます。

ちなみにスパローの車高は1380mmなので、横に寄りかかってる少女は138cmよりちょい低いくらいでしょうか。昔の車は今の車と比べて小さい車両が多いです。

 

スズメ スパロー800↓

ベースはトヨタ パブリカ(初代)のマイナーチェンジ版。

見た目が初代からガラリと変わったモデルですが、マイナーチェンジなので2代目ではなく後期型と言うようです。

この絵はトレースではなく、見ながら描いたので少し車格が小さい感じになってしまいました(幅が狭い?)が、なかなかぼく好みの感じに仕上げることができました。

昨年のエテコーよりもグラデーションをふんだんに使いリアリティアップ(笑)。

車体に付いてる車名のエンブレムは筆記体ですが、筆記体書いたのは中学1年生以来だったので、ちょっといびつな形になってしまったかも。まぁ小さいからわからんだろうと修正もせずにそのまま使用。

上部のロゴはスズキ フロンテ(2代目)の広告のロゴを参考に、その下の文章は同じくフロンテ広告の文章にパブリカ広告の文章の一部を混ぜて使用。

あと、メーカーのマークも作りたかったんですが、時間が無くて断念。

絵を描くこと自体久々でしたが、こんなに真剣に車の絵を描いたのもすごく久々なような気がします(高校生の頃はMADMAXの車両の絵ばかりノートに落書きしてた)。

 

スパローの横にいた少女↓

これまた時間が無くて深く考えずに描きました。

服装はやはり昭和40年代の自転車(富士フラッシャーSSS5)の広告に写ってた少女のサロペットミニスカと白のハイソックスにインスパイア(笑)されて描いたもの(サロペットのつもりで描いたのに、サイドのウエスト部分を高くしちゃって普通のワンピみたいになってしまった)。

広告の少女はもっとカジュアルな感じだったんですが、年賀状ということを意識して少々フォーマルな色味にしました。

髪型はショートボブばかり描いてたような気がしたので、これまた富士フラッシャー広告の少女のおさげをアレンジ。

背景の机は過去に描いた絵からコピってパースを改変したものを使用。

 

一昨年から年賀状はこの「昭和広告風シリーズ」にしたわけですが、これが描いててけっこう楽しい。金にはならんけど。

でも今回はじっくりあれこれ考える時間が無くてあまり楽しめませんでした。

来年の年賀状はもっと早めに…って毎年思ってんだけど、世の中なかなか予定通りにはいかないもんです。

関係者の皆様にはこれから投函いたしますので、遅い年賀状となってしまうことをこの場を借りてお詫びいたします。

さぁ今年からはガッツリ創作に打ち込む…予定!

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album